キャッシング比較=賢くキャッシング  

メニュー

 

キャッシング(カードローン)の金利計算方法

  金利計算方法

  金利計算ソフト

  Web金利計算機


キャッシング比較

 おすすめ(トップ)

 無利息ローン 

 銀行・信販系

 低金利ローン

 即日融資

 高限度額

 目的別

 ビジネスローン

 学生向け

 女性向け

 借り換え向け

 担保・保証人要

 住宅ローン

 仮審査有り

 全紹介先一覧

 クレジットカード


 

 

一般的に短期の借り入れ期間の金利は下記の計算式で求められます。

金利 = 元金 × 実質年率 ÷ 365 × 借り入れ日数

この計算式で求められる金利は、途中返済も追加借入も無い事が前提となっています。途中返済をした場合の計算は一つの式に表すのは殆ど無理です。

 

とりあえず毎月定額支払う場合の金利計算方法は

金利1回目 = 元金 × 実質年率 ÷ 12

金利2回目 = (元金 + 金利1回目 − 定額支払い分) × 実質年率 ÷ 12

金利3回目 = (元金 + 金利1回目 + 金利2回目 − 定額支払い分 × 2) × 実質年率 ÷ 12

という感じに計算していき、後は各回の金利を合計する事で求めたい金利の総額が出ます。こうなってくるとプログラムでやらないとかなりややこしい感じですね。

ちなみに元利均等払いの1回当たりの支払い金額は次の計算式で計算できます。

毎月の返済額 = 元金 × ((実質年率) ÷ 12) ÷ (1 − (1 ÷ ((1 + ((実質年率) ÷ 12))^返済回数)))

 

賢くキャッシングする為にはどうしても必要な金利計算ですので、当方で専用のソフトを用意させていただきました。ご自由にお使いください。

 

金利計算用フリーソフトはこちら→金利計算ソフト・簡単金利ダウンロードページ

直ぐに計算したい人はこちら→Web金利計算機

返済計画のシュミレーションなどにご活用ください。

もっと詳しく金利計算の事が知りたい人はこちら→金利計算のススメ

各種金利計算シミュレーション専門サイト→金利計算シュミレーション・ローン借入計画

注)シュミレーションという表記に対してシミュレーション(Simulation)の誤りではないかと指摘される方もいらっしゃるでしょうが、Yahoo!キーワードランキングによると、金利計算の場合、シュミレーションで検索する人がシミュレーションで検索する人の3倍近くいるという事で、シュミレーションは誤字というよりも日本語の揺らぎに相当するものと解釈し、当サイトではシュミレーションの方を採用させていただいております。

賢くキャッシングTOP利用規約検索TOP

Copyright ©2005  console7 ALL RIGHT RESERVED.